2017/05/08
        

<なぜ球数制限時代なのに、肘の手術を受ける投手が増えているのか?

category - 野球の危険性
2017/ 05/ 08
                 
【野球】<なぜ球数制限時代なのに、肘の手術を受ける投手が増えているのか?
https://hayabusa8.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1494030518/


1:@Egg ★@\(^o^)/:2017/05/06(土) 09:28:38.25ID:CAP_USER9
● 肘の靱帯再建手術で 復帰に成功している率は8割

肘の靱帯再建であるトミー・ジョン手術。野球好き以外には聞き慣れない言葉かも知れないが、ダルビッシュ有や松坂大輔、古くは村田兆治などが受けている。かつては成功率1%とも言われたが、現在は8割近くが復帰に成功している。

本書『豪腕――使い捨てされる15億ドルの商品』はトミー・ジョン手術を中心に米国や日本の野球投手の「腕」の故障に関する問題を検証しているが、その背景にあるのは、野球界に限らず抱える古くて新しい課題だ。問題の解決手法が見出されていない場合、人はどのようにして立ち向かうか。科学か伝統か、事実か信条か。

772球。2013年春の選抜高校野球大会。済美高校の安樂智大が9日間5試合に登板し、投げた球数だ。日本のプロ野球選手が100球程度で中5日で登板することを考えれば、その球数の多さが際立つ。

国内ではその鉄腕ぶりが感動を呼んだ一方、国外には「子どもへの虐待」との指摘もあった。安樂はその後、右肘を故障しながらも(トミー・ジョン手術は受けていない)、プロ入り。復活途上にあるが、高校時代に最速157キロのストレートで相手をねじ伏せた姿は戻っていない。

甲子園のかつてのスターであり、トミー・ジョン手術を受けた経験のある荒木大輔は本書の中で安樂について「虐待とはいわないが、あれは多すぎです」と答えながらも、「それも甲子園のファンが感動する理由のひとつなんです」と答えている。日本の野球には成功は練習と訓練の反復によって生まれるとの信条が根強いと著者は説く。実際、その信条に共感を覚えてきた人間が多いからこそ、スポ根アニメが流行り、炎天下でエースに連投を強いる甲子園が熱気に包まれるともいえる。

著者も甲子園を否定するわけではない。日本野球をバッシングするわけでもない。きれい事に映るかもしれないが、青少年の肉体の危機に警鐘を鳴らす。実際、本書を通じて見えてくるのは、野球の本場アメリカの子ども達の環境の過酷さだ。100億ドル産業に成長したアメリカの野球ビジネスの膨張はとまらない。有望株を早い段階から取り込もうとする各球団のスカウト合戦は過熱。金の卵の発掘をビジネスにしようとする企業が全米で未来のスター選手を競わせる「ショーケース」と呼ばれる試合を開き、10歳にも達しない子どもたちが速く強い球を投げ続ける。

球速ごとに選手はランキング化され、本人も親たちも順位に一喜一憂する。ランキングを維持し続ければ、注目が集まり、100万ドル以上の契約金が手に入る可能性が高い。そのためには投げ続けるしかない。大リーグの球速重視主義は顕著で、2003年に平均球速は145キロに達していないが、10年もかからずに148キロを超えた。

だが球速を速くすることは大きな矛盾を抱える。「球を速くするいちばん簡単な方法は一年中投げることだ。だが、ASMIの研究によれば、子どもの将来の故障を予測する要因としてダントツの1位に来るのが一年中投げることだった」。もちろん、親達も子ども達の腕に対する注意は払っていることが窺える。連投を禁じたり、投球数を気にしたり。

米国のシンクタンクは99年から10年間で500人近いユースリーグの投手を追跡した結果、年間100イニング以上投げた子が腕を痛める確率は100イニング未満の子の3.5倍であるとしている。

● 投手の球数は激減しているのに 腕を痛める投手は増えている

 最近では、メジャーリーグの各球団も球数や投球回数を制限しているが、起きているのは不思議な現象だ。投手の球数は激減しているのに腕を痛める投手は増えている。大リーグの投手に突っ込む年俸総額は15億ドルだが故障によって年間5億ドルを失っている。投手の4分の1にトミー・ジョン手術の傷跡がある。

早期から投げ続けている今の青少年がドラフトを迎える頃には、手術経験のない選手を探す方が難しくなるというのは決して冗談ではないだろう。


ダイヤモンド・オンライン 5/6(土) 6:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170506-00126386-diamond-soci

2:@Egg ★@\(^o^)/:2017/05/06(土) 09:28:55.71ID:CAP_USER9
とはいえ、球団側も選手側も、故障に対する認識が定まらない点は興味深い。故障を防ぐ方法がないからだ。極論すれば、合理的と呼ばれるフォームで投げていようが、球数や投球回数を制限しようが故障する人はするし、しない人間はいくら投げてもしない。本書には嫌になるほどその事例が載っている。

そもそも先発投手の一般的な球数の目安とされる100球についても科学的な根拠があるわけでないことが読み進めるとわかる。「区切りのいい数字が好まれるからではないか」という著者の推測に納得してしまう。メジャー球団のあるGMが「大事にしても投手は故障した。投げられなくなった。私たちは状況を評価し直す必要があった」と語っているのが印象的だ。

メジャーリーグは組織的にビッグデータを使って、故障を防ぐ方法を探り始めている。一方、電気治療や遠投、常識外れの投球法指導まで、科学より宣伝に長けた者達が数十億ドルとも言われる腕のケア事業で一儲けをたくらむ。

厄介なのは、解決法が見えなければ、科学より伝統、事実より信条が怪我を治すこともあるかもしれないことだ。実際、そうした希有な例も紹介されている。

著者はトミー・ジョン手術にも非科学的な治療法にも是非は述べないが、手術を受ける年齢が低年齢化していることだけは紛れもない事実だと指摘する。アメリカで著名な整形外科医がトミー・ジョン手術を執刀した高校生の数は20年前の年間1、2人から80、90人に急増しているという。

故障を防ぐ解は見いだせないが、起きている事実を知るべきだとの指摘はもっともだ。野球に没頭する子どもの腕の問題は、一部では見直されつつあるが、全体が立ち止まって考えるべき時期にきている。本書の言葉を借りれば、米日という教育水準の高い産業国家の国民的スポーツが、子どもの健康を危険にさらすような習慣を助長しているのは真実なのだから。


 (HONZ 栗下直也)

20170506-00126386-diamond-000-1-view.jpg


7:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 09:37:35.78ID:tVTUiAGz0
米国で投手の故障が多いのは間隔だと言われているよね

8:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 09:38:02.85ID:0KZQI4k50
高校卒業しても人生は続いていくんだぜ
甲子園で終わらせるのか?


9:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 09:38:29.43ID:soFu4FL50
高校野球の過密日程なんて完全にテレビ局の都合だからな
球児の身体よりテレビ局の利益が優先される

マスゴミは鬼畜すぎるわ


27:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 09:55:08.66ID:XM2csK8V0
>>9
ちがうぞ。高校野球の過密日程は、テレビ局の都合なんかじゃないぞ
阪神タイガースの営業上の都合だ
開幕直後や真夏のかきいれ時に甲子園でホームゲームができないんじゃ、阪神球団が儲からなくなるじゃないか


29:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 09:58:07.29ID:v/9d3xbv0
>>27
阪神の事第1ならまず貸し出さないから

12:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 09:41:27.92ID:6IKrqCu40
個人に合致する適正な投球数とか登板間隔が研究されていないから?

15:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 09:43:02.46ID:0wZiuk610
チーム9人の野手が1イニング毎に投手やったらええんよ
全員で投げて撃ってより総合的な能力を求められる


18:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 09:46:55.17ID:y9lWCOVe0
>>15
まあ、そうだな。
打者一巡ごとに投手交代。で、外野手はみんな投手にすれば、人数も足りる。
もちろん、勝ち投手とか過去のスタッツとの整合性は完全崩壊するが、そもそもそこら辺は要らん数字やし。


122:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 13:00:20.24ID:gN2dmEW80
>>15
バレーボール方式だな。いいな、それ。

21:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 09:49:36.51ID:eMLXCC9L0
球数より登板間隔
登板間隔が長ければ長いほど回復する

アメリカはちょっと痛みがあるとすぐ手術する
早めに手術をしたほうがリスクが少ないから

ってダルビッシュが言ってた


25:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 09:53:43.92ID:Ss6Dl/Cv0
故障しながら投げると野球ファンは感動するから

26:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 09:55:04.43ID:y9lWCOVe0
少年野球の場合、1人の子が突出しているわけじゃなくて、殆どの子が投げさせてもストライク入らんからまともに試合にならんという事情もある。

34:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 10:07:14.59ID:jBAPTv5d0
硬球なんか使うから怪我するんだよ。カラーボールに変更だな。

39:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 10:12:28.81ID:hy5k4dm00
なげーよ
要点を3行にまとめろw


83:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 11:39:28.18ID:V9vXdCqq0
>>39
【野球】小学生は週100球まで…少年の故障防止へ、1万人調査で見えてきた投球基準
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1427183092/

【高校野球】甲子園球場での単独開催をやめればいい。複数球場を使用すれば、選手に過重負担を強いない日程調整はできる
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1409056117/

>フランク・ジョーブ博士は「投球というのは自然に反した動きだ。
>白人であれ黒人であれアジア人であれ、人間の腕はボールを投げるために作られていない」と話した。


90:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 11:56:03.11ID:gD2caVev0
>>83
88年ごろだったかな
巨泉のこんなモノいらないって番組があってテーマが高校野球の回があった
その回で「人間の腕はボールを投げるために作られていない」って話を初めて聞いた
あれもしかしてジョーブ博士の言ってたことだったのか


97:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 12:13:19.97ID:V9vXdCqq0
>>90
30年前かw

40:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 10:13:49.10ID:BGidMJyg0
変化球を投げるからだろ?

50:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 10:28:21.64ID:XasFD4EN0
人体は速い球を投げる仕様で作られてないから
あんまり速く投げすぎると故障する


60:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 10:40:46.45ID:s2GGKrqS0
甲子園なんて地区代表にして夏の1回限りでいいだろ

62:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 10:43:02.15ID:JR5px/ELO
最も肘に負担がかかる変化球はパームボールじゃなかったっけ?
パーム使いはなかなか長く活躍できない印象がある
あとフォークやシンカーも負担は大きそうだな


72:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 10:55:06.79ID:qw8Ukpht0
>>62
パームボールを多投していた木田勇、小林誠二、倉持明らは軒並み全盛期が短かったよなあ
現役を長く続けるためにはパームボールはあまり投げない方がいいんだろう


64:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 10:47:07.42ID:xLF89bli0
日米両方で先発ローテを経験した
田中とダルが中5日にすべきと言ってることがすべて
それによって移動日等の関係で中6日の日もでてきてしっかり回復した状態で投げられる


66:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 10:50:12.96ID:n5liUNd+0
>>64
選手会が貰える金が減るって反対するからな

74:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 11:01:44.59ID:Md6u/6WE0
ソフトボールみたいに下手投げさせればいい

75:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 11:05:14.84ID:jijT3FoZ0
甲子園でのピッチャーの連投を虐待だって言ったら激怒する人達がいるけど、なんでそんなに怒るのか理解できない。
スポーツやったことないんだなーとか言ってるけど、そういう問題じゃないだろ。


78:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 11:26:55.17ID:ibuoph4f0
>>75
虐待と言う言葉はどうかと思うが、
「肩の痛みをおして投げきった」とか、
体を壊す事を美談と捉えたり、
昔話の中で合理性に疑問が出るような無茶話を
今の子供にも当て嵌めようとする話には
反感を覚える。


79:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 11:29:35.31ID:jijT3FoZ0
尾木ママが甲子園を残虐ショーって言って叩かれたけど、なんで叩かれてるのか理解できなかった。

84:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 11:40:42.67ID:Rdi6zoJn0
頑丈な選手はいくらでも投げさせればいいけどそうでない選手は調子が悪くなったらはしっかり休ませる
中学や高校でこれができればと思うけど勝つために投げさせちゃうからなあ

85:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 11:41:43.19ID:u+wrPt2l0
練習時に投げ込み過ぎ

86:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 11:46:12.01ID:6yCB9ZZ00
>>1
練習とか非公式なとこでは制限なく投げさせてんだろ

101:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 12:27:07.55ID:nLnq+1gm0
そら力を伝える技術が向上してんだから、
前より速く力強いボールが投げられるのは当たり前。

問題は、いくら筋力を鍛えても腱や関節は
変わらんということ。臨界点を超えたら
壊れる部品。


188:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 15:27:21.77ID:uZ4+N5hs0
>>101
腱は鍛えられないもんね
ステロイドで体を大きくしても腱が耐えられないのでは
何にもならない


104:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 12:28:36.30ID:JcT5wunz0
虐待の黒幕は朝日新聞と毎日新聞です

108:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 12:38:17.17ID:T09iW5FW0
関節って蝶番そのものだもんなあ。
スジや筋肉を鍛える事で関節を保護するとかって考え方あるのかね?
あと、体への影響でボールを投げるたびに毛細血管が切れるとか何かで読んだが、
とあるプロのピッチャーの指先はいつも冷たかったとか。


109:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 12:42:14.76ID:vD5ja2Uh0
軟式でやれよ

113:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 12:51:35.63ID:BfJwyVdn0
ファンが感動するためにアマチュアの高校生虐待するんじゃねーよ、高校野球ファンは腹斬れ

116:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 12:55:15.18ID:LEg1vXc7O
高校野球なんかほとんどの人がプロになるわけじゃないんだから
その後の長い人生を考えたら肘を壊す方が問題
高校野球まで投手というポジションそのものを廃止してピッチングマシーンで良いと思うんだけど


119:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 12:57:56.34ID:gD2caVev0
>>116
アメリカでは実際に高校だか中学だかの野球の試合はピッチャーはマシンにやらせるってところもあるらしい
「コブラ」のラグボールみたいな感じで


135:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 13:12:26.10ID:GbywxAJR0
もう投手は機械にやらせろよ

141:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 13:15:11.52ID:4p/cm4bU0
子供の頃から投げさせすぎだからね

中学生くらいで肘がダメになるヤツなんていっぱいいたもの


179:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 14:48:31.00ID:9LNVQWi+0
甲子園の観客が感動するからって発想からしておかしいんだよなあ
こういう話に関しては越境入学問題がわかりやすい
他県から有望な選手を集める事が正しいかどうかは分からないが、これを批判する人は大抵地元の子じゃないから応援したくないと言う
ダメな理由が応援したくないってw
高校の部活の試合をプロスポーツの観客目線で語っているから、それが子供の将来にどう関わりがあって何が問題なのかが全く見えてこないんだよなあ


190:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 15:32:13.77ID:jbAtqhpI0
若い頃の酷使は後々まで響きやすいからな
黒田や上原、山本昌みたく甲子園に縁のなかった投手は40歳過ぎても活躍出来て
松坂やダルビッシュ、田中マー君みたいに甲子園で活躍したスターだと
肘に爆弾を抱えながらプロで飯を食う羽目となる


191:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 15:34:37.23ID:wf9+Crp20
「プロで使えなくなるまで潰す」
これが高野連の考え。


199:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 16:01:34.25ID:XWzjgMkG0
安樂は本当に可哀想だったな
監督に人生終わらされた
まともな監督の元だったら生涯収入どれだけ変わってただろ


204:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 18:14:47.45ID:hAIxbeSN0
>>1
プロはともかく、高校野球でエースにずっと投げさせるのは1度負けたら終わりで捨てゲーがないからだよ。
地方予選の初戦とかで2番手以下に投げさせても余裕でコールド勝ちできる相手だと温存する事はあるが、
そういうケース以外はエースを出さないとまずいから。リザーブはどうしてもエースより下だから、そいつらを出しても負ける可能性が高くなる。
だから、投球自体が困難な状態になるまでエースに投げさせ続けるのさ。1度負けたら終わりというトーナメント形式である限り永遠に変わらない。


206:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 18:24:46.31ID:nmdqPNDJ0
>>204
じゃあルールで連投制限すればいい
団体競技なんだから控えが弱けりゃそのチームの実力


211:名無しさん@恐縮です@\(^o^)/:2017/05/06(土) 19:10:58.45ID:KsvQVff50
あれはスポーツじゃなくて宗教

関連記事
スポンサーサイト
                         
        
                         

コメント

非公開コメント
        


  1. 頑丈といえば響きはいいけど
    その分発見が遅れて気がついたときには手遅れなこともあるからなぁ